CATEGORY NAME

さあくる☆らいふのバナー



妊娠時の基礎体温

1人目(長女の時)〜平成12年冬〜

↓1人目を妊娠した時の基礎体温です。


高温期に入って1週間くらいで一旦下がり、また上がりはじめて、
生理予定日頃にまた少し下がってはいますが、遠目で見ると、徐々に
上がっていっているのが分かります。

受精卵が子宮内に着床するのが、受精してから1週間〜10日くらいと言われています。
ちょうどその頃、体温がいつもより少し高くなり、俗に言う二段上がりの状態に
なる方が多いようです。

それと、ちょうど生理予定日頃に少し下がるっていう方も結構いらっしゃるようなので、
生理予定日近くに少し下がっても諦めないでくださいネ☆

"月との関係"のページにも書きましたが、この時はタイミングをとった時には
姫が来た!という妙な確信があったので、高温期10日目に検査薬を試して
うっすら陽性が出ました。
その後、日に日に検査薬が濃く反応するようになりました。

それ以外の超初期症状としては、ちょっと腰が痛いなーと思ったくらいでした。

2人目(次女の時)〜平成17年夏〜

↓2人目を妊娠した時の基礎体温です。


よくこれで妊娠できたなーと自分でも思うくらい、高温期が低かったです。
高温期中に36.3度台とか。。。(^^;
なので、高温期が低くても大丈夫!ということが分かりました。

それと、このグラフからも、高温期10日目を過ぎたくらいに上昇し始めて、
生理予定日頃に一旦下がり、また上昇してきているのが分かります。

この時は、妊娠してるなんて思ってなかったので、生理予定日5日過ぎに
検査薬を試してクッキリ陽性が出ました。

この周期は、旦那の方が2人目欲しいという気持ちが強かったようで、
仲良しの頻度が2〜3日に1回と多くて、私自身メモもとってなかったので
どのタイミングで妊娠できたのかは不明です。。。

でも、頻度が多くて旦那さんの精子が薄かったから女の子だったのかな?と思います。

今思えばあれは超初期症状だったなという症状は、
・シャワーを浴びる時に、シャワーが乳首にあたると痛かった
・生理が来た時のような下腹部の違和感
がありました。

下腹部がどよ〜んとして、おっ生理来たな!と思ってトイレに行ってみても
出血してなくて、あれっ?というのが何度かありました。

あと、2人目の時も不思議な体験がありました。
妊娠3ヶ月くらいの時でしたが、夢の中で目がパッチリと大きくて、赤いオーバーオールを
着た女の子がこちらを振り向くような感じで座っていました。
その女の子と目が合うと、何やら文字が左へスクロールし始めて・・・

(下の方で←方向にスクロール)カタカナの長い名前 − 青山 − さくら

で、"さくら"でピタッと止まりました。
その時、この子が来るんだなと思いました。

その前に流れてきた名前は前世の名前なのかな?
生まれた後に、青山さ〜んとか呼んでみましたが、反応はありませんでしたが(^^;

実際、生まれたのは女の子で、別の名前に決めようとしていたのですが、
新生児室で長女が、「この子の名前はさくらって言うんだよ」と色んな人にいいふらしていて
”さくら”に決まりました☆

長女には私の夢の話はしたことがなかったので、すごく不思議でした☆

3人目(長男の時)〜平成20年秋〜

↓3人目を妊娠した時の基礎体温です。


この時も、ちょうど高温期1週間で少し下がり、また上昇しているのが分かります。
そして、生理予定日頃にまた少し下がり、その後上昇していることも分かります。

3人目ともなるとサボり気味ですみません(^^;
でも、長年基礎体温を測っていると、毎日測らなくてもポイントを
しぼって測るだけでわかるようになってきます。

基本的に、低温期の変動は意味がないので測りません。

そろそろ排卵かな?って時から測ればいいんです(^^)
低温期から高温期に移行する時期、高温期の変動が分かればいいのですから。

そうすると、グラフもスッキリ見やすくなります。

そろそろだなってのは、福さん式のおりものの状態で判断しています。

妊娠検査薬は、高温期11日目に海外製の安い検査薬で試してみると薄く陽性が出ました。
同じ日に、日本製の検査薬も試してみると、クッキリ陽性が出ました!
ちょうどその日から下腹部痛と腰痛が始まりました。

超初期症状とは関係ないけれど、ちょうど8/10に私の父方の祖父が亡くなりました。
下腹部痛が気になったので、高温期16日目に病院へ行ってみると4.4ミリの袋が
見え、3回目の検診で予定日が決まったのですが、そこから逆算すると8/10に受精したことに!?
基礎体温見てもらったら分かると思いますが、ありえない!!と驚きました☆

亡くなった祖父の生まれ変わりなのかな?なんて思ったり(?_?)
私のいとこも、祖母が亡くなった時に妊娠して、女の子が生まれました。
不思議です☆

それと、迷信かもしれませんが、よく身内が妊娠すると鼻の中にできものができるって言いますよね?
それが3人目の時にありました。

具体的にいつできものができたのかは忘れてしまいましたが、生理予定日より前にはできていました。

ちょうどその頃、3人目の赤ちゃんにも夢で会いました。

色白でまるまるした男の赤ちゃんをいとこ2人が抱っこしている夢でした。
その時は、いとこが妊娠したのかも!って思いましたが、その赤ちゃんはうちの長女にそっくりで
もしかして私!?とも思いました。

実際生まれたのはやっぱり男の子で、1才の現在、夢で見た通り、色白でまるまるとした
長女そっくりの赤ちゃんです☆

(参考)化学的流産時の基礎体温

健康な人でも妊娠率は20%程度と言われています。

そんな中、妊娠に向けて何度もチャレンジしていると、着床しかかったけど
ダメになってしまうことがあると思います。

妊娠検査薬で陽性が出たのに生理が来てしまったり、いつもより少し遅れて
生理が来たり、いつもより少し重い生理だったりします。

そういうのを、化学的流産とネット上では言われています。(医学用語ではありません)

私も生理予定日前のフライング検査で薄く陽性が出たにも関わらず
生理が来てしまったことが何度かあります。

その場合はどんな基礎体温になるのかを参考に載せたいと思います。

〜化学的流産例1〜



検査薬の写真は、上が排卵検査薬で、下が妊娠検査薬です。
排卵検査薬で妊娠が分かるのか?の実験のため排卵検査薬も写真にうつってます(^^;
排卵検査薬では妊娠は分からないということが分かったので、これは気にしないでください(^^;
妊娠しなかった時も高温期中に排卵検査薬が濃く反応したりしてたので・・・

高温期8日目の検査薬です。
写真では分かりづらいですが、すごく薄〜くピンク色に反応していました。
この翌日には、真っ白の陰性になりましたが・・・

下が、その時の基礎体温です。
一旦下がったのがまた上昇して、おおっ!と期待させるようなグラフですが、その後
どんどん下がってきています。


〜化学的流産例2〜



上の写真は、高温期7日目、9日目、12日目に検査した妊娠検査薬です。
高温期7日目に薄く反応し、9日目に7日目より薄い?となり、12日目に今までより
濃く反応したので、かなり期待していました。

下がその時の基礎体温ですが、生理予定日が近づくにつれ、どんどんどんどん下がって
いきました。。。


どちらの例でもいえるのは、高温期がいつもより1〜2日長かったことです。
いつもは高温期ピッタリ14日で生理になるのが、15日、16日とちょっと長くなっています。

▲pagetop